学習塾・予備校の選び方

「予備校選びのポイント」

予備校とは主に高校受験~大学受験の勉強のための教育施設をいいます。本来は上級学校への進学を目的とした教育機関を指すもので、小・中学校や幼稚園受験のための予備校も存在します。

ここでは高校・大学受験のための「予備校選びの5つのポイント」をまとめました。ぜひ、みなさまの予備校選びの参考にしてください。

1.自分のニーズに合っている

世の中に予備校はたくさんあります。どの予備校が優れているかは、そこに通う「みなさんのニーズに合っているかどうか」で決まります。どんなに評判の良い予備校でも、自分が必要としているものがなければ意味がありません。

そのため、予備校選びで成功するには、「自分が何を求めているのか」を明確にする必要があります。これはご子息やお嬢様の予備校選びでも同様です。ニーズに合っているかどうかを判断する基準は以下のようになります。

・受験する進学先の学校や学部の種類やレベルに合っているか?
・予備校の学習スタイルと自分の性格や気質が合っているか?
・講師やチューターの教え方やレベルが自分に合っているか?

まずは上記の3点に絞って、自分に適しているか否かを検討してみましょう。

2.講師、スタッフのレベル

予備校は受験に合格するために通うものです。その予備校選びでは「講師」「スタッフ(チューター、社員等)」のレベルが高いか低いかは重要なポイントになります。

講師のレベルが低いと勉強を教わっても学力は伸びません。それどころか受験前の大切な時間を浪費することになります。またチューター(講師アシスタント)の能力が低いと、授業以外の部分で上手くいかず問題が発生します。これは予備校の社員も同様です。

似たようなランクの予備校でも、講師の教え方が上手い、チューターに相談しやすい、社員の雰囲気が良い等の要素がそろっていると学力はぐんぐん伸びます。逆であれば学力が伸びないどころか「もう予備校に行きたくない」となってしまうのです。

3.講師のレベルとクオリティ

「講師のレベルはどのように判断すればいいのか」と悩む方もいるかもしれません。予備校の講師のレベルやクオリティは以下の基準を参考にしてください。

・講義が明快で自分から見て分かりやすい
・疑問点を質問しやすく丁寧に説明してくれる
・志望校の受験内容に詳しく情報が豊富である
・添削を見てくれる、サポートが受けられる

いかがでしょうか。予備校の講師の良し悪しは、「イコール自分から見た良し悪し」なのです。世間の評判や友達からの評判だけでなく、自分を中心に評価することが大切です。

4.予備校は自宅の近く?それとも?

小中学生が学習塾や予備校に通う場合、自宅から近くて通いやすい所にあるとメリットになります。しかし、高校生や浪人生の場合は、必ずしも自宅の近くにある予備校を選ぶのが必須ではありません。

自宅近くの予備校のメリットは「通いやすい」「通学時間が節約できる」「交通費が少なくて済む」等です。では自宅近隣ではない予備校を選ぶメリットは何なのでしょうか。

・多少自宅から遠くても自分に合った予備校である
・講師のクオリティが高く、学力が伸びる要素が多い

一方、自宅近くの予備校には次のようなデメリットもあります。

・自宅に近過ぎると気分が切り替えられない
・同じ予備校に通う友達が多く、帰りに遊んでしまう

5.予備校の設備や施設が整っているか?

予備校の校内設備の良し悪しは重要なポイントです。といっても、特に立派な建物である必要はなく、どのような設備が整っているかが選ぶポイントになります。

・自習室の数が多く、種類もそろっている
(個別室、広めの自習室、女子専用、高校生専用など)

・受験合格に必要な資料やデータが見られる部屋がある
(過去問が供えられた部屋、データ検索できる部屋など)

・飲食ができる部屋や休憩室が用意されている
(お昼ご飯を食べられる、休憩で飲食できるなど)

上記のような設備や施設が整っている予備校は合格率も高くなります。なぜなら、本当に生徒の便宜を考えているからです。

沖縄の予備校
代ゼミサテライン予備校を沖縄で行っております。大学受験を控えた高校生は是非!