学習塾・予備校の選び方

「学習塾選びで避けたい塾は?」

学習塾の選び方では、「ぜひ選びたい良い塾」だけでなく「避けるべき塾」を見分けることも重要になります。実際にお子様が通い始めてから後悔しないためにも、避けたい塾を見分ける方法を知っておきましょう。

■友達が通っている評判の良い塾

「お子様の友達が通っている」という理由だけで学習塾を選ぶと後悔の元になります。かりにお友達やその保護者の方が「良い塾だよ」と言っても、我が子に合うとは限らないからです。

■あまりにも我が家に近過ぎる塾

自宅から近い学習塾は通いやすくて便利です。その反面、「お子様が気持ちを切り替えられない」「たまに休みたくてもサボりにくい」「塾帰りに友達が押しかけて来る」などの問題が起こることもあります。

■月謝や諸費用が激安過ぎる塾

学習塾にかかる費用は安いに越したことはありません。しかし、破格の安値の場合は何か裏があると考えたほうがいいでしょう。もしかすると人件費をケチっていたり、オプション講座やテキスト料が高額というケースもあります。

■受験の合格実績が立派過ぎる塾

塾生の合格実績が立派過ぎる学習塾は避けたほうがいい場合もあります。たとえば「難関中学に10名合格」という塾があっても、全国に塾生が何百人もいる中の10名であれば見掛け倒しということになるからです。

■講師の年齢層に偏りがある塾

学習塾の講師が若い人ばかり、逆にベテランばかりという塾を選ぶのはリスクがあります。若い講師は経験不足だったり、アルバイト大学が多数混じっているかもしれません。ベテラン講師は経験豊富ですが、時代の変化に対応できなくなっている人もいます。

ここまで学習塾の選び方について紹介してきました。学習塾選びは親御さんなど保護者の方の一存だけでなく、お子様の意見を参考にして決めると上手くいきます。「まだ子供だから」「親が決めてあげないと」と思い込まず、しっかり親子さんで話し合って決めるようにしてください。

沖縄 進学塾